ホーム»ブログ

ブログ

サイディングの傷

お久しぶりでございます。

今回はサイディングの補修です。

雪も解けてきて、外回りが気になる今日この頃。
雪や氷で傷ついたものが顔を出してきます。

ogaさいでぃ06).JPG

こちらはサイディングに取り付けてあった部材が
ダメになったため交換する際、位置が変わってしまったとのこと。

まずは、コーキングをきれいに取り除き、
ビス穴を塞いでいきます。

ogaさいでぃ13).JPG

最後に色を合わせて塗ります。

ogaさいでぃ14).JPG

こんな感じです。


雪が溶けたら、お掃除がてら外部の点検もしておきましょう!

                               おがわ








2018年4月 4日|コメント(0)

サイディングの割れ

明けましておめでとうございます!

昨年末は忙しさのあまり、
ご挨拶も満足にできない有様で、申し訳ございません!
本年もこれに懲りず、よろしくお願い致します。

さて、2018年最初のブログは、
昨年末にお伺いしたサイディングの割れです。

ogaさ001).JPG

サッシ下部分のサイディングが、ビシッと割れてます。

いつも通り下処理を済ませ、いざ着色!

2~3色の色を作りペタペタと塗っていきます。

乾かして色味の変化を確認して・・・

ogaさ002).JPG

こんな感じです。


天候の急変が多くなってきた中、
昨年は外壁の補修が妙に多かった気がします。

中には隣の物置が倒れてきた!という現場もありました。

皆様くれぐれもお怪我などなさいませんよう
お気を付け頂きたいと思います。
 
                              おがわ






2018年1月 8日|コメント(0)

室内用犬小屋内のパネル施工

今回は、補修ではなく住宅内で飼われている
ペット用の小屋の工事のお手伝いです。

ogakp01).JPG

新築の際に室内犬用の犬小屋をリビングに設置されたお客様ですが、
小屋の内部が傷つかないようにできないだろうかということで、
内部にキッチンパネルを貼ることになりました。

狭いのでなかなか難儀な工事ですが、頑張ります。

先ずは、小屋内部のクロスを剥がし、下処理をします。
キッチンパネルを各面ごとの部材に切り分け、
角見切りも一緒に切り分けます。
あとは順番にボンド等で貼り付けて、
端にコーキングを打って完成です。

ogakp03).JPG

こんな感じです。

建築会社さんにキッチンパネルを提供して頂けたので、
パネルの柄と納まりを統一して施工することができました。


この他に、おしっこが心配なペットの場合、
床にキッチンパネルを貼る方法もあります。

さて、ワンちゃんは気に入ってくれるでしょうか?

                           おがわ







2017年9月18日|コメント(0)

巾木の傷

今回は、巾木の傷です。

ogaha4).JPG

巾木の角部分がバリバリに割れてしまっています。

交換するにも廃番で部材が無く、補修での処置になりました。


先ずは形を作り直し、着色へ。
写真だと真っ白に見えますが、薄い木目が入っているので
筆で少しずつ着色して直していきます。

ogaha7).JPG

こんな感じです。

形を戻すのが大変でしたが、きれいに直りました。

最近は、メーカーさんで出している部材の変更が早くて
何かと大変です。
廃番にしないで、もう少し残しておいてもらえると
良いのですが・・・

                         おがわ






2017年8月22日|コメント(0)

内装ドアの穴

今回は、内装ドアの穴補修です。

ogaど01).JPG

引戸の真ん中に・・・

ogaど02).JPG

ザクッ!っと刺さった跡が・・・

悪い癖なのですが、こんな傷を見るたびに
「何があったんだろう?、どうしてこうなったんだろう?」と、
気になって仕方ありません。
お怪我が無かったことを祈るばかりです・・・。

余談はさておき、先ずは穴埋めから。
傷も小さく、また、素材がプリント合板なので、
丁寧に丁寧に埋めます。

平らになったら、着色です。
補修個所が小さいので、結構きれいに直りました。

ogaど03).JPG

こんな感じです。

小さい傷は、小さいまま直す。
基本方針です。
これができると、お値段もお安く、補修跡も目立ちません!
日々、努力です!!

                            おがわ








2017年7月10日|コメント(0)

浴槽底面の割れ

今回は、浴槽の底面の割れ補修です。

ogaガラス01.JPG

バキッとすごい音がしたと思ったら、
浴槽の底面にヒビが・・・とのこと。

年数が経ってくると時々起ります。

交換する予算が無く、
なんとかお金を貯める為の数年間だけでも
使えるようにならないものか・・・
というお客様のご希望により、
補修による補強処理を行うことになりました。

浴槽の裏側からの補強ができないため、
表側からのみの補強になります。

先ずは、傷周辺の下地処理を行い、
ガラスマット + 生樹脂で絆創膏のように
ヒビ周辺を補強します。

ogaガラス02.JPG

完全に硬化したら、表面を研磨しなるべく滑らかにします。
座ってもお尻が痛くならないよう、
しっかりと手で確認しながらの作業です。

滑らかになったら、コーティングの塗装をかけます。
塗料が乾いたら、表面をさらに研磨して滑らかにします。

ogaガラス03.JPG

こんな感じです。

生樹脂、塗料共に硬化時間が必要なため
2日間作業になってしまいましたが、
これで、ややしばらくはお使い頂けると思います。

交換するには高価な物なので、
なかなかすぐにはできないことが多いと思います。
時間稼ぎ程度かもしれませんが、
お役にたてれば幸いです。

因みに15~20年程度で色々な症状が出てきます。
御使用頻度や設置状況、水の性質等にもよりますが、
少々気を付けてお使いください。

                             おがわ







2017年6月10日|コメント(0)

フロアーの単板剝れ

今回は、フロアーのジョイント部分から
表面の単板がはがれてしまった現場です。

ogaたん2).JPG

年数が経ってくると、フロアーの表面が
はがれてくることが有ります。
小さいうちはまだ良いのですが、
ふとしたきっかけでベロッとはがれてしまうことも。

こちらの現場も、はがれ出して怖くなり、
上からテープを貼ってしのいでいたとのこと。

さて、先ずは液体ボンドを染み込ませ、
浮いている部分を接着していきます。
くっついたら、欠けてなくなっている部分を盛り
膨らんでしまった部分を削って平らにします。

最後に着色をして目立たなく。

ogaたん3).JPG

こんな感じです。

早目の処置がお勧めです!
早ければ早い程、きれいになります。

                             おがわ







2017年5月29日|コメント(0)

フロアーのジョイント部分のシミ

今回は、フロアーのジョイント部分のシミ補修です。

ogaしみk1).JPG

ベランダ沿いの床の上に、新聞紙を引いて
冬期間の間だけ植木等を置いていたところ
水がしみてしまいフロアーのジョイント部分にシミが
できてしまいました。
表面の劣化が無いのが幸いで、
貼替えするにも同じフロアーが手に入らないため、
黒い部分を着色して目立たなくすることになりました。

なるべく元のフロアーの色に近い色を作り
少しずつ塗って黒い部分を消していきます。

ogaしみk2).JPG

こんな感じです。

目立たなくなりました。

着色するだけでも意外ときれいになりますよ。

                            おがわ



2017年5月12日|コメント(0)

フローリングのピース貼替え

今回は、フローリングのピース貼替えです。

ogaぴ01.JPG

フローリングの上に、強い薬品をこぼしてしまい
気付かずにいたところ、フローリングの表面が変色してしまいました。

表面の劣化がひく、大き目の範囲だったので、
ピース貼替えをすることになりました。

幸い同じフローリングもあったので、
下準備をして、打合せの上後日訪問。

先ずは、表面を機械で削り取ります。
塵・埃の出る作業なので、ビニールで周りに養生を施し
掃除機で吸引しながらの作業です。

ogaぴ02.JPG

あらかたを機械で削り取ったら、
ノミを入れて細かい部分を仕上げます。
きれいに取り終わると上の写真のようになります。

最後に準備してきた新しいフローリングの板材を
調整しながら削り取った部分にはめ込んで
強力な接着剤でビタッとくっつけて完成です。

ogaぴ03.JPG

こんな感じです。

同じ材料があると、色々な対応方法が取れます。
最近は建材メーカーさんも商品の入れ替わりが激しく
2年ほどで廃番なんてことも・・・

これから新築される方は、建築業者さんに頼んで
フロアーやフローリングを1ケース程、保存しておけるようにすると
何かあった時に困らなくなります。

                               おがわ









2017年4月23日|コメント(0)

水切りのへこみ

今回は、外部の水切りのへこみです。

段々と春っぽくなってきました。
雪解けが進んで地面も顔を出し、
山積みの雪も解けて小さくなる頃・・・

ogaみ02).JPG

出た・・・
何時付いたかわからないへこみ傷。

雪が解けると、どこから来たか解らないゴミと共に、
見つかる外部の傷。
困ったものです。

でも、そんな時はご相談ください。

この位の傷でしたらきれいに直ります。

いつものように下地を整え、
形がきれいに出来上がったら塗装です。

ogaみ04).JPG

こんな感じです。

来週には家の周りもすっかり雪が溶けてしまいそうです。
我が家も家の周りのチェックと、
家庭菜園の下準備を始めることとします。

                             おがわ





2017年4月 8日|コメント(0)

▲ページの先頭へ