ホーム»ブログ

ブログ

ナミダタケ対策の記録

5年前に、ナミダタケで困っている方に、声を掛けて頂き、挑戦しました。

現場愛別町、8月の暑い時に、一度見に来て欲しいと言われ、見に行きました。

話を聞くと、3年前に改修工事をしたそうで、その前までは、何でもなかったそうです。

 家に年4,5回位帰るだけで、その間、空き家になります、冬は電気、水道を止めています。

脱衣室床がフワフワするので、床下点検口をはぐると、木材が腐っていて、白いカビが一面にあったそうです、施工した工務店様に、言って見たのですが、工事は落度が無く、直すのに別料金が掛かると言われ、そうゆう事であれば、何社か見積を取る事に成って、当社も声が掛かった次第です。

ナミダタケ駆除の専門家も見積を出していた様で、それでも自分に来たので、精一杯やらさせて頂く事にしました。(直ぐに、結果は出ない事を、承諾して貰いました)

その年に、腐れている部分を全部撤去して、ナミダタケ対応の防腐剤を2回塗りして、一冬置きました、(一番ひどかった所は、ユニット・脱衣室と近くの外回り床下)

次の年に、暖かくなって、菌が発生していないのを確認して、造作を開始しました、床下部分の木材にもう一度、防腐剤を塗って、床組みをしました。土間の上に防湿シートを張って、床下換気口を増やして、一個換気扇を付けました(床下の空気を動かして湿気溜りを無くす為です)

次の年に、見に行くと湿気が取れていませんでした。

一番湿気が溜まっている所に、煙突を立てる事にしました、写真が出せれば分るのですが残念です。

その年の秋に見に行くと、乾いていましたので、次の年に、再度行きますと少し湿気がありましたが問題無いぐらいにまで乾いていました。 

築40年程の建物でしたので、周りの地盤からはどうしても、低くなってしまいがちです、建物の床下に水分が溜まってしまいます、暗渠の事も考えたのですが、住んで居られないので、押入れから2階の部屋に排気管をつないで外に出しました、コストが掛からないやり方で終ったので、お施主様も喜んでおられます。 

4年掛かりましたが、まだ見に行こうと思っています、 自分の為に(お客様には、申し訳ないですが)日々勉強させて頂いております。  リフォームは難しいです。


2012年1月28日|コメント(0)

部材作成

送風システムの一部の2重管を作成しました。

第一種換気システムの熱交換システムです。



hayashi_2011_1121(003).JPG

                ↓

hayashi_2011_1124(002).JPG

                ↓

hayashi_2011_1126(006).JPG

                ↓

hayashi_2011_1126(012).JPG

              完 成!

工程は大分省略しましたが・・・・ww。
補修だけではなくこのような作成も行っています。

                                                toshikatu


2012年1月28日|コメント(0)

成長記録⑤

こんにちは
そして、遅ればせながら

明けまして、おめでとうございます m(_ _)m

新しい年がスタートしました。
今年はどんな年になるか楽しみです。


5回目の成長記録は 「 ドア枠 」                                                                                                   
fh-mitsuya_2011_1128(003).JPG以前にも一度紹介しましたが・・・

今回は難易度がレベルUP ↑


なんで穴?

どうしてこんな事に?

住宅では様々な出来事が

どうしても起きてしまうのです。



でも

安心してください!

私達は何とかお力になるべく

頑張ってますから!!
(弱輩者の私も含まれますが・・・)


せっせ、せっせ
穴を埋めて

せっせ、せっせと
着色しながら

なんとか完成~

仕上がりはこちら 

fh-mitsuya_2011_1128(009).JPG

今年も

皆様の喜ぶ姿を拝見できるように

頑張りますので

どーぞ

宜しくお願い致します m(_ _)m




                サイダー




2012年1月11日|コメント(0)

新年の挨拶

あけましておめでとうございます

旧年中は、格別のご厚情を賜り、誠に有難うございました

皆様の、お陰で無事に新しい年を迎える事が出来ました

昨年から、一企業の努力だけではカバーしきれない世界的な流れの中にあって、あらゆる業種の企業が非常に厳しい状況に直面しています

私たち社員一同も、「お客様に喜んで頂く」という基本に立ちかえって、地道に、ひとつずつ、目の前の出来ることから取り組んで参りたいと思っています

本年も変わらぬお引き立ての程、宜しくお願い申し上げます

皆様のご健勝と、ご発展を心からお祈り申し上げます


2012年1月10日|コメント(0)

1

▲ページの先頭へ