ホーム»ブログ

ブログ

階段親柱の塗装剥れ

今回は階段の親柱の塗装剥れです。

住宅の建材には、丈夫な塗装が使われていますが、
長年使っていると擦れて剥れてきます。

oga階段01.JPG

こちらのように、下地が出てしまうことも。

こういった場合は、塗装し直します。
元の色になるべく合せて塗料を作り、下地を調整してから塗装します。

室内での塗装の場合、養生をして周りを汚さないようにしてから
吹付け又は刷毛塗りで塗装します。

こちらは塗り上がりの質感を合わせるために、吹付けで。

oga階段02.JPG

こんな感じです。

塗装の剥れた感じが、きれいで趣があれば、「アンティークだ!」なんて
思っていられるかもしれませんが、なかなかそうはいきません。

ちょっと塗り直したり、ちょっと色を変えたりで、気分もスッキリです。

                                      おがわ





2013年1月28日|コメント(0)

サッシの欠け

今回はサッシの欠けです。

寒い日が続いています。
こんな寒い冬季によくあるのが、サッシの欠け・割れです。
非常に低温の状態が続くと、樹脂のサッシなどは
割れやすくなってしまいます。

ogaサッシ欠け75.JPG

ogaサッシ欠け76.JPG

屋根からの落氷雪や、立て掛けていた雪かきが倒れて割れたなんてことも・・・
注意していても、ふとした拍子に割れたり欠けたりしてしまいます。

でも、樹脂サッシは大体直すことができます。
ちょっとお時間は掛かりますが、きれいになります。

ogaサッシ欠け77.JPG

こちらもこのとおり。
ほとんど分からなくなりました。

北海道の冬は厳しいですが、皆さん負けずに頑張りましょう。
我々も一生懸命お手伝いさせて頂きます。

                                   おがわ





2013年1月17日|コメント(0)

外部物置の引戸製作・取付

外部物置の引戸製作・取付です。

住宅の基礎部分にある物置に、もともとは木製の引戸を
ご主人が取り付けて使用していたのですが、
壊れて引きにくくなってしまいました。
また、ご高齢でもあり、軽く引けて壊れにくく、
掃除などのしやすいものを、とのことで
引戸と枠を製作・取付することになりました。

引戸は丈夫なものを、とのことでアルミサッシに。

oga物置80.JPG

掃除をしやすく、また、足が引っ掛からないように
敷居のない「上吊り引戸」タイプにしてみました。
敷居がないので、雪がレールに・・・ということもありません。
雪が物置内に吹き込まないよう、下の部分には
ゴムも付いています。

oga物置83.JPG

雪の付いた靴で中に入っても、さっと掃き出せるので
掃除などは非常に楽です。
また、上枠に戸車が内蔵されているので、メンテナンスもそれほど必要なく
扉も吊ってあるので、引くのに、それほど力も必要なく、スイスイ動きます。

北海道のような雪の多い地方の
外部に面した部分に適した引戸ではないかと思います。

今回のように色々なご要望に合せた形で、製作・取付なども
行っていますので、是非お気軽にご相談を。

                                     おがわ



2013年1月 7日|コメント(0)

1

▲ページの先頭へ