ホーム»ブログ

ブログ

階段親柱の傷

今回は階段の親柱の傷です。

oga階段a01.JPG

四角い親柱の飾り面の部分、物をぶつけて塗装が欠けてしまいました。

oga階段a02.JPG

幸い下地の材料はひどく傷んではいません。

きれいに直りそうです。

傷の部分の下地を整え、着色していきます。

oga階段a03.JPG

こんな感じです。

きれいに直りました。

oga階段a04.JPG

眺めの良い作りの、2階のホールのあるお住まいでしたので、

きれいに直るかな? きれいに直ったら気分が良いだろうな!

と、ちょっとプレッシャーのかかる、緊張しつつの補修でした。

                                 おがわ






2013年9月27日|コメント(0)

フロアー表面はがれ

今回はフロアーの表面のはがれです。

oga剥れA02.JPG

結構ひどいことになっています。

キャスター付きの椅子の仕業とのこと・・・。
硬いプラスティック製のキャスターは、
フロアーを痛めてしまうことがありますので、ご注意を!!

さて、先ずはがれかけている部分を接着剤で固めて、
無くなってしまった部分を肉盛りしながら、平らにしていきます。

それから、色を付けていって出来上がりです。
約半日ぐらいの作業です。

oga剥れA03.JPG

こんな感じです。

表面がはがれてしまったら・・・、はがれかけてきたら・・・、
できれば破片や、はがれたものは大事にとっておいて下さい。
はがれかけの場合は、粘着力の弱いテープを貼るか、
覆って隠しておいて下さい。
きっと役に立ってくれます!

                                 おがわ







2013年9月18日|コメント(0)

玄関框の補強処理

今回は玄関框のシートめくれに対しての補強処理です

靴を脱ぐ際に、玄関框に引っ掛けて脱ぐことは有るでしょうか?

oga補強09.JPG

お子様などは、ちょっとした隙間や角に引っ掛けて靴を脱ぐことが
良くあるとのことで、上の写真のようにめくれてきてしまいます。

補修でめくれを直すことは可能ですが、今後のことも考えて
お客様に補強処理をご提案してみました。

oga補強13.JPG

玄関框の納まり状況を確認の上、見切り材(プラスティック)を
取り付けて完成。

oga補強12.JPG

これで靴の引っ掛け脱ぎにも負けません。

                               おがわ






2013年9月 7日|コメント(0)

1

▲ページの先頭へ