ホーム»ブログ

ブログ

上り框の割れ

今回は、上り框(玄関框)の割れです。

ogaかまち01.JPG

框材の端の方に長さ50cm程の割れが入ってしまいました。

さて、先ずは液体ボンドを注入し、
これ以上割れていかないように予防をし、表面の補修です。

ogaかまち02.JPG

こんな感じです。

木材でできている日本の住宅、特に北海道の住宅は、
冬場の乾燥や夏場の湿度で、時々動きが出て
こういった現象が起こります。
しかし、慌てず騒がず、落ち着いてご相談、ご連絡をしてください。

                                    おがわ






2014年3月27日|コメント(0)

階段の側板のつぶれ

今回は、階段の側板(横の斜めの板)の角のつぶれです。

ogaかど001.JPG

家具を運んでいる時に、ゴン!

家具は無事でしたが、階段の側板の角が負けてしまいました。

今回はきれいにへこんでいないので、
つぶれたところはパテ盛りし、
飛び出しているところは削り取って形を作っていく分
少々お時間がかかりましたが、
形を整え、最後に色を付けて、

ogaかど002.JPG

こんな感じです。

引越しなどがあったりと、バタバタする時期ですが
お怪我の無いよう、また物を壊さないよう
気をつけて作業しましょう!

                               おがわ




2014年3月26日|コメント(0)

フロアーの配管穴

今回は、フロアーの配管穴です。

oga配02.JPG

新しく暖房設備を付けようとしたところ、配管の穴を
5cm程、間違えて開けてしまったとのこと。
(今、ホースが出てるのが正解です。)

床材を貼替えるとなると大事なので、
お客様も「目立たなくなればいいよ」と、言ってくださり
配管穴の補修になりました。

まずは、穴部分をしっかりふさぎ、平らにしてから
表面を仕上げていきます。

oga配04.JPG

こんな感じです。

お客様もご覧になって、「穴どこに行った!?」と、
びっくりされてました。

この、お客様のびっくりしたところを見るのが
うれしくもあり、また楽しくもあり、
もしかするとお客様以上に、
心の中で「ヤッター!!」と、喜んでいるんです。

                            おがわ




2014年3月 9日|コメント(0)

1

▲ページの先頭へ