ホーム»ブログ

ブログ

サッシの割れ

今回はサッシの割れです。

ogaサッシc01.JPG

縦枠のジョイント部分に我が入ってしまいました。

冬になると割れ部分が広がり、夏になると閉じてくるとのこと。

今のうちに直してしまいましょう!


割れ部分を、液体ボンドなどを使い固めてしまい、

塗装をかけてしまいます。

ogaサッシc02.JPG

こんな感じです。


外部の傷や割れなどは、雨・雪でひどくなることもあります。

早めに直しましょう!!

                                おがわ




2014年7月27日|コメント(0)

付け框の割れ

今回は、付け框の割れです。

ogaつけ001.JPG

この付け框の角に重たいものを落としてしまったとのこと・・・

バキッ! といってます。

ここまで割れてしまっていると、割れてはがれた部分は

使えませんので、切り取ってしまいます。

新たにパテ処理で形を作り、着色をして直すと・・・

ogaつけ002.JPG

こんな感じです。


重たくて硬いものは、ひょっとしたことで住宅の建材に

傷を付けてしまうので、ご注意を!!

                               おがわ



2014年7月17日|コメント(0)

フロアーの表面単板はがれ

今回は、フロアーの表面単板(床材の表面に貼ってある

化粧用の薄い板のことです。)のはがれの補修です。

oga表001.JPG

結構な大きさではがれていました。

年数もかなり経過していること、はがれている面積が大きめのこと、

痛みの状態が進んでいることなどから、

仕上がり具合がまったくわからなくはならないかも・・・と、

お客様にご説明の上での補修になりました。


なくなっている部分の大きなことと、左右柄の違う単板の

ジョイント部分であるため、少々難易度の高い補修になります。

まずは、現在浮いているもののなくなってはいない部分の接着とともに

表面の形成、それと同時進行で目地の作り直しを行い

下地部分が完了。

いざ、着色へ。

時間の経過したかすれ具合をかもしだすのが

なかなか大変でしたが・・・

oga表002.JPG

こんな感じです。

なんとかなりました!

お客様からは「すばらしい!」との、お褒めの言葉も頂けました。


以前にもお話ししましたが、傷は大きくなればなるほど

きれいに直りにくく、目立ってしまいがちです。

早めの補修をお勧めします。

                                  おがわ




2014年7月 6日|コメント(0)

1

▲ページの先頭へ