ホーム»ブログ

ブログ

フロアーの表面単板の浮き

今回は、フロアーの表面単板の浮きです。

ogaうき103.JPG

以前にもご紹介していると思います。

この現象は、ちょくちょく出てきます。

北海道の寒暖の差、そして最近の夏場の湿度の高さと、

冬場の過乾燥の差による影響もあります。

上の写真のような状態のうちに対応できると、

非常にきれいに直ります。

ogaうき105.JPG

こんな感じです。

引っかかると、表面の板がはがれて取れてしまったり、

場合によっては足を怪我したりと、良いことがありません。

早めに直すようにしましょう!

                              おがわ

             



2014年8月27日|コメント(0)

階段踏み板単板はがれ

今回は、階段踏み板の単板のはがれです。

ogaふみ01.JPG

!? 何があったのでしょう?・・・。 ベロッとはがれてます。

詳しくお聞きするのもはばかられ、そのまま直しました。


面積は大きいものの、割ときれいにはがれていたので、

はがれた部分を利用し、直していきます。

きれいに埋めて、着色をすると・・・

ogaふみ02.JPG

こんな感じです。

目立たなくなりました。

傷があまり大きくなる前に、なるべく直したいものですね。

                                おがわ




2014年8月17日|コメント(0)

床鳴り

今回は、床鳴りです。

踏むと「ギ~ギ~」言う、あいつです。

原因は様々なので、細かくご説明は致しませんが

最近は、旭川でも湿度が高くなったせいで

急に床鳴りがしだしたということも・・・

oga床鳴り01.JPG

今回の現場は、築年数の経過したアパートの玄関です。

どうやら年数とともに下地の材料がやせて床材との間に

少々隙間ができたようです(写真の青いテープのとこです)。

軽度の床鳴りは、ボンドで止めることもできますが

こちらの現場は止まらず、やむ負えずビス打ちになりました。

oga床鳴り02.JPG

こんな風です。ピタッと止まりました!

さて、ビスを消します。

こちらはいつもの補修です。

oga床鳴り03.JPG

こんな感じです。


症状により、作業に時間がかかることもありますし

あちこちに音が逃げ回ることもありますが、

大体のものは止めることができると思います。

「ギ~}と言ったら、ご連絡ください。

                            おがわ








2014年8月 7日|コメント(0)

1

▲ページの先頭へ