ホーム»ブログ

ブログ

上り框の塗装剝れ

今回は、玄関の上り框の塗装剝れです。

ogaはが01.JPG

築20年近いお宅で、リフォーム工事の際に
傷がつかないようにと養生をしていたテープを剥がしたら
上り框の表面が一緒に剝れてしまいました。

リフォーム工事に入る業者さんも気を付けて作業されているのですが
時々起る事故です。

剝れたのは表面の塗装面だけで、下地はきれいに残っています。

この剝れた塗装面を直していきます。

下地の塗料を塗り、木柄の色と木目の色を根気よく書いていきます。
おおよそ出来上がってきたら、仕上げの塗装をかけつつ、
汚れ具合や質感を極力周りに近づけていきます。
質感が合ったら、最後に表面の艶を合わせて出来上がり。

ogaはが02.JPG

こんな感じです。


家の中を非常に綺麗に、大事にされているお客様でしたので

このような現場に入ると、わが社の初心の

「元あったものを壊さず、極力復元させる。」

を、思い出し、噛みしめながらの作業になりました。

「もっともっと技術を磨いていかなければ・・・」と、

自分に言い聞かせながら現場を後にしました。

                              おがわ





2015年1月26日|コメント(0)

内装開閉間仕切りの調整

今回は、内装開閉間仕切りの調整です。

開閉間仕切り扉がきちんと閉まらなくなりました。

oga扉001.JPG

本来ピタッと扉が閉じて、1枚の壁のようになるはずが・・・
閉めても開いていきます。

これは、写真の真ん中の折り目の部分にある金具が
ずれてしまったことで起こります。

oga扉002.JPG

真ん中の黒い金具です。
きちんと調整すれば、問題なしです。

oga扉003.JPG

こんな感じです。

扉類の調整は意外と難しく、
合わせるのに少々コツが必要だったり、
あまり無理をすると、金具が壊れてしまうこともあります。

また、部品が壊れたままでご使用されていると
扉が開かなくなり、閉じ込められてしまうなどの事故になることも!

開き戸・引き戸の調整や、部品が壊れている場合は
部品の交換なども行っていますので、
ご連絡ください。

                                おがわ




2015年1月17日|コメント(0)

フローリングの引きずり傷

明けましておめでとうございます!

本年もよろしくお願い致します!!

さて、2015年 1回目のブログは、
フローリングの引きずり傷です。

ogaゆか101.JPG

昨年のこと、お客様が自分で直してみようと、
がんばってみたものの・・・ムリでした・・・。
とのことで、ご連絡が有りお伺いしました。

写真のような、木目に対して横に横断しているような傷は
少々難易度の高めの傷で、意外と直しにくいです。

「直し方教えて!」との、お客様のご要望にお応えして
手順を一つ一つ説明しながらの作業になりました。

最近では、生活用品店などでも補修用品が色々置いてあり、
ご自分で直してみたいという方も多いので、
「こんなもの用意しておくと良いですよ~」と、お客様の
ご自宅に合った商品の説明・アドバイスもさせて頂きました。

ogaゆか102.JPG

最終的な仕上がりは、こんな感じです。

今後の参考に、常備しておくと良いもの、
これは使っちゃいけません!など、色々ご説明・ご案内も
致しておりますので、ご利用になってください!

                              おがわ







2015年1月 7日|コメント(0)

1

▲ページの先頭へ