ホーム»ブログ

ブログ

フロアーの配管穴

今回は、フロアーの配管穴補修です。

暖房機の位置をずらしたため、配管穴を開け直しました。
当然残るは元の穴・・・

oga穴s02.JPG

これを埋めてわからなくします。

先ずは下地処理。
あいている穴の周りをきれいにして、木材を詰めて
穴をふさいでしまいます。

そのあと、表面をいつもの補修で直します。

oga穴s03.JPG

こんな感じです。

床材を貼り替えるとなると大事になってしまいます、。

目立たない場所であれば、こんな方法もあります。

                             おがわ





2015年7月27日|コメント(0)

初めまして(長文ですのでお気を付けください)

札幌営業所の佐藤です。
福田ホームに入り早2ヵ月。ものすごくまだまだな僕ですが、できることを一つ一つやり向上心を失う事無くがんばってみようと思っています。
今回はそんな悪戦苦闘な毎日を紹介してみます。
先日、上司のFさんと補修の現場に行ってまいりました。
難しそうな部材がある中

ありました!フロアーの傷補修です!おそらく大きさ的にも基本中の基本でしょう。
まずは、『樹脂埋め』です。僕は入社当時この作業に苦しみました。(今もですが)
傷付いている箇所を平らにする作業です。しかしゆっくりではありますが僕も成長しとるんです。物や場所にもよりますが成功率は上がっている自信はあります。
無事に埋め終わりました。


そして次はただいま勉強中の『着色』です。 
フロアーの色が白色で、傷付いている所が黒くなっています。これが難しいの何の。甘くみてました。
格闘するとこ長時間、、、、、、、、黒い感じが拭えません、、、、、、白と黒に翻弄されています。。。。
頭の中で『カフェオーレの歌』が再生中です。終わる気配がありません。
そして美装屋さんが僕の作業が終わるのを待っています。サッカーブラジル代表ルイス・グスタボ並のプレッシャーです。
後どれくらいで終わるか聞かれ咄嗟にでた
                    『30分』 
今考えたら軽率でした。やれるだけやってみました。。。。。。
時間がなくなり僕の足が動き出しました。


                    『Fさーん』

助けを乞いました。美装屋さんFさん、ごめんなさい。。
そんな感じで早く成長しないといけないと実感しました。日々勉強です。がんばります。
                                                     さとう

2015年7月20日|コメント(0)

玄関ドア塗装剝れ

今回は、玄関ドアの塗装の剝れです。

oga玄01.JPG

何か固いものが当たり、塗膜が剝れてとれてしまいました。

幸いほとんどへこんでいなかったので、
軽くパテ盛をして形を整え、同じ色を塗装します。

oga玄02.JPG

こんな感じです。

各玄関ドアのメーカーさんの色を取りそろえていますので、
違和感のない仕上がりになります。

外部の傷はサビなどが発生することがありますので、
なるべく早く直してしまいましょう!

                             おがわ




2015年7月 7日|コメント(0)

1

▲ページの先頭へ