ホーム»ブログ

ブログ

sato

久しぶりの更新になります。
佐藤(健)です。
さすがに全国で一番多い苗字の佐藤だけあってどんな組織に属していても佐藤()になってしまいます。慣れた物です。
ただ、こうして名前を文章にすると、
某、国民的抜刀斎さんと被ってしまうのです。
なんか申し訳ない気持ちで一杯になります。でも友達には顔は全然似てないけど名前と国籍と性別はソックリだと言われます!本当にいい友達を持ったと思います。

少しふざけましたがそんな私もあれこれ福田ホームに入り半年以上が経ちました。
早いものです。うまくいく時もあればうまく行かない時もあり日々勉強です。入った時に比べたらできる事は増えたとは思います。だからこその補修の難しさも痛感しています。
技術職、奥が深いです。ただ、ある先輩に言われた事が

『北海道でも何人かしかできない技術を身に付ける事ができるなんて凄いと思わないか?』

痺れましたね。デライケメンに見えました。
後輩が出来たら最高なドヤ顔で同じ事言ってやろうと思います。
言える位自分自身が成長しないといけませんが、、、、
そんなこんなで日々がんばっていきます。
長々とすいませんでした

                                                        佐藤(健)

2016年2月29日|コメント(0)

フロアーの線傷

今回は、フロアーの線傷です。

oga線012.JPG

丸く弧を描いて、床に線が入ってます。

何か固い物で引っかいたらしく、床のワックスと塗膜が
削られて、白い線になっています。

実はこういう傷は直しにくい種類のもので、
特に木目を横断している部分が厄介なのですが・・・

oga線015.JPG

こんな感じです。

なんとか目立たなくなりました。

なかなか手ごわい敵でした。

                     おがわ




2016年2月28日|コメント(0)

内装枠の傷

今回は、内装枠の傷です

ogaわわ024.JPG

ザクッといってます。

最近訪問した際よく言われるのが

「最近の建材って傷つきやすいよね」です。

昔のオール木材の頃からみると、シート貼の建材は

傷つきやすく見えるかもしれません。


ともあれ直しましょう。

いつものように、樹脂で下地を成型し、塗装します。

ogaわわ028.JPG

こんな感じです。

決して傷つきやすいわけではないですが、

気を付けてお使いになってください。

                           おがわ





2016年2月17日|コメント(0)

フロアーの欠け

今回は、フロアーの欠けの補修です。

ogaか02.JPG

とある中古物件で、思いがけないところから
釘のようなものがフロアーの表面に突き出しているとのこと。

行ってみると御覧の通り。
今まで家具か何かに隠れていてわからなかったようです。

危ないので直してしまいましょうということになり、
先ずは釘抜き作業。

周りを傷つけないように、ペンチや金ベラを駆使して
抜いてしまいます。

幸い欠けた部分が小さかったので、綺麗に直ります。

ogaか03.JPG

こんな感じです。


皆さんのお宅でも足に何かが刺さった! ということは
ないですか?
釘は出てなくても、床材のささくれがひっかかった
なんてことはないですか?
できればケガをする前に直してしまいましょう!

                             おがわ







2016年2月 7日|コメント(0)

レク

会社レクでボーリングに行きました~。(^-^)/

仕事もありましたので、
全員参加出来なかったのは残念でしたが、
久々のボーリングは楽しかった♫

年々スコアと体の劣化は否めませんが・・・・・・(笑)

熱血ボーラー・魂抜け落ちボーラー等、
みんな様々なボーラー性が出るので、見てるだけでも面白い!
※多分自分もヒドイはず・・・

たまの息抜きにはレクは最適かもしれませんね~☆彡

ただ筋肉痛が問題ですけど(´Д`;)


SATOHISA

2016年2月 4日|コメント(0)

1

▲ページの先頭へ