ホーム»ブログ

ブログ

2016年 花見

久しぶりにまたまた登場(・。・ ;)

もう2ヶ月前のことになってしまいましたが、、、
外で食べた肉が美味し過ぎたので、ブログにしたいと思います。

5月14日のことでしたが、
この日は雲ひとつない快晴で最高の天気のなか外でBBQができました。
たしか、、この日の前後は天気はあまり良くなかったかと思います。
※最強の晴れ男ならぬ女がいたのかも知れません(^^)ラッキーでした!!

takeoka_2016_0514(001).JPG

takeoka_2016_0514(002).JPG

takeoka_2016_0514(003).JPG

最高の天気のなか食べる肉は、やっぱり最高でした!!

僕は、会社の行事のなかでこの花見が一番楽しみで、
前日には次の日が快晴になることを、小学生のようにかなり強く祈ってますwww

どうか、来年も快晴になりますように・・・!!!!!

                               TAKE

2016年7月30日|コメント(0)

キッチンユニットの側板の割れ

今回は、キッチンユニットの側板の割れです。

ん? どこ? と思われるかもしれません。

ogaき02).JPG

ここです。

キッチンのシンク下の箱の横に穴があいてしまいました。

作業しにくい~~!!

やっと手が入って、動かせるぐらいしか隙間が無いです。

穴を塞いで、平らにしてから・・・

・・・どうやって塗装しようか??

ogaき04).JPG

周りの器具をすべて養生して、斜めに穴めがけて、エイッ!!

ぬりにくいよ~。
吹いた塗料が、自分の顔に向かってとんでくるよ~!!

などと心の中で叫びながら、仕上げた結果がこれです。

ogaき06).JPG

こんな感じです。

白っぽいのは光が器具に反射して当たってるものです。

む~・・・ 手強かった!! 苦しめられました!!

                             おがわ









2016年7月28日|コメント(0)

内装ドア枠の傷

今回は、内装ドア枠の傷の補修です。

開き戸枠の上枠、鴨居部分に、
ドアストッパーを固定していたビスがこすれてしまいました。

ogaわく03).JPG

気付かずに何度も開け閉めしてしまい、えぐれてしまいました。

扉の調整は施工店さんが直していったとのことなので、
枠の傷補修になりました。

プリント合板の枠なので、先ずはめくれてしまった部分の
いらないところを切り取って、綺麗にしてからパテ処理です。

下地処理のサンドペーパーをかけ過ぎると周りの模様が
どんどんとれてしまうので、慎重に慎重に平らにしていきます。

平らになったら着色し塗装をして完成です。

ogaわく04).JPG

こんな感じです。

年数が経ってくると、色々なところに動きが
みられることがありますので、今のうちに住宅内外の
点検などしてみてはいかがでしょうか?

                               おがわ






2016年7月18日|コメント(0)

乗用車の棚作成

今回は補修ではなく、乗用車の棚の作成です。

我社の面々の車の後方荷台部分には、
道具の収納と作業スペースを兼ねた棚が造り付けになっているのですが、
それを見た知り合いから、「こんな棚が欲しい!!」といわれ
フルオーダーメイドで作ることになりました。

oga棚01) (3).JPG

このスペースの中に収めます。

注文内容は、道具やタイヤカが積めて、天井にコンプレッサーを吊るして
収納スペースが豊富にあること、引出しもあると便利。
また、運転席のすぐ後ろにエンジンがあるため、
メンテナンスができるように棚を取り外せること、といった具合です。

さ~て、図面を起こし、いざっ!!

先ずはメインのフレームになる側板を立て、底面の棚兼引出し部分を
作ります。

oga棚01) (10).JPG

構造フレームができたら、棚(天板)を設置します、

oga棚01) (11).JPG

さらに、側板の外側の隙間部分に収納スペースを作り
コンプレッサーを吊り下げる為の土台を作り、
引出しを納めて完成です!

oga棚01) (12).JPG

各部をご紹介します。

oga棚01) (13).JPG

引出しは左右を入れ替えても使えるようになっています。

oga棚01) (14).JPG

oga棚01) (21).JPG

oga棚01) (16).JPG

側板の外側も、デットスペースにならないよう、
収納スペースとして利用し、最大限広く、長くとりました。
既存のポケットも利用可能です。

oga棚01) (17).JPG

車の救出などに使うコンプレッサーも天井に設置。
その板の上は収納になっています。

oga棚01) (18).JPG

oga棚01) (20).JPG

運転席のすぐ後ろまで、最大限伸ばした棚の後ろ部分は
ビスを外せば脱着でき、メンテナンス用の開口部が
取り外せて、作業ができるようになっています。

すべて合板なので、フックを付けたり穴を開けたり、自由自在!
使い勝手に合わせて加工もできます。

完成して御依頼主にお披露目したところ、
「ここまでの完成度は想像していませんでした!」と、
ビックリして、大喜び! 大満足とのことでした。

考え考え、悩んでは仮置きして確かめてと、
少々時間はかかりましたが、非常に楽しかったです。

                               おがわ



















2016年7月 7日|コメント(0)

1

▲ページの先頭へ