ホーム»ブログ

ブログ

フロアーの配管穴

今回はフロアーの配管穴補修です。

oga配01).JPG

暖房機取り付け位置に変更が出てしまい
残された配管の穴・・・

フロアー材を貼替えるのもなかなか大変なので
穴の部分補修になりました。

下地は設備屋さんが有る程度埋めておいてくれたので、
このまま固めて平らにしていきます。
平らになったら、着色です。
大き目の穴なので着色も大変でしたが・・・

oga配02).JPG

こんな感じです。

必要のなくなった配管穴や金具を取り外した時のビス穴など、
色々直せます。

                             おがわ





2016年12月19日|コメント(0)

木製玄関ドアの全塗装

今回は木製玄関ドアの全塗装です。

oga玄全塗1).JPG

新品の無塗装品の木製玄関ドアです。
とある事情で交換になったものを、
今人気の自然塗料を使って全塗装します。

先ずは、ドア周りと玄関ドアの金具関係を養生します。

oga玄全塗2).JPG

金具部分につくと、シミのようになってしまうので
厳重に養生をしていきます。

養生が終わったら、下地処理です。
全体的に溶剤で拭き取りをし、脂分や汚れを取り除きます。
次に、全体にサンドペーパーをかけて、
溶剤で取り切れなかった汚れを取り除き、
表面の色付き具合が均等になるようにします。
よくよくホコリなどを取り除いたら、下地処理の完了です。

午前中は下地処理に費やし、午後からやっと塗装作業です。
今回は塗りムラが目立たないように、
2回塗りで仕上げます。
扉の上部小口部分から徐々に塗り拡げていきます。
なるべく塗りムラや刷毛跡を残さないように注意して
塗っていきます。
表裏が塗り終わったら、一旦乾かします。
塗料が落ち着いたのを確認して、2回目です。
2回目が塗り終わったら、塗りムラが無いか
色のつき方の悪い部分が無いかを確認し、完了です。

oga玄全塗4).JPG

こんな感じです。

oga玄全塗3).JPG

室内側です。

シックな感じのウォールナット色になりました。

最後に周りの養生を丁寧にはがして、
汚れが無いかを確認して、完成です。

あとは、たま~にで良いので、
自然塗料をウエス等で上塗りして
メンテナンスをしてあげてください。

                        おがわ










2016年12月 8日|コメント(0)

猫まっしぐら

こんにちは佐藤(健)です。
今回は建具の事を書きたいと思います。
001.JPG

こちら何だかわかりますか?
これだけですと分かりにくいかと思いますが、内装ドアに付いているペット用の出入り口です。
今回はこちらを強化できないかとのご依頼をいただきました。
下の方にスライド式の鍵があり、元は2mm程の弾力性のあるプラ板の様な物でできていたのですが、パワフルな猫さんが僅かな隙間を作って抜け出すのを阻止したいとの事で強化しました、

猫さんが怪我をしないように、、、、、、
かつ、強度は持たせたい、、、、、、、
一回猫さんになりきって考えてみよう。。。。

回り道もして、色々な選択肢はありましたが、今回は第一に猫さんが抜けられないように隙間が出来ないよう強化しました。もちろん安全面も考慮してるもでご安心ください。

007.JPG


       
         ニャー


005.JPG

         ニャー
         
猫さんの進行方向逆ですが開きます。


今回は中々ない貴重な体験をさせてもらいました。
このように住宅に関する事でこういうのあったらいいな。
こういう事はできないのかな??そういったご意見があればご連絡頂けたらありがたいです。
                               佐藤(健)

2016年12月 1日|コメント(0)

1

▲ページの先頭へ