ホーム»ブログ

ブログ

外壁の出隅の傷

今回は外壁の出隅の傷です。

ogaで02).JPG

ガリッといってます。

冬の間は外部の建材に様々な傷が付いてしまいます。

落雪や氷によるもの。
除雪の際に・・・。
などなど。

雨・風に耐えている外部の建材は早目に直しておきましょう。

こちらは多少へこみもあるのでパテ処理からです。
平らになったら、塗装をかけます。

ogaで03).JPG

こんな感じです。

直してしまえばすぐにサビてくることもありません。

交換となると、予想以上に費用がかかることも。

なるべく長持ちするように気を付けましょう。

                            おがわ









2017年2月28日|コメント(0)

玄関框貼替え補修

今回は、玄関框の貼替え補修です。

玄関の框の表面が時間の経過とともに、
変色、表面の浮きなどの不具合をおこしてきました。

ogaげんかま02.JPG

靴下やストッキングが引っかかったりと、
何かと危険なため、既存の框を掘り下げ、
新しくリフォーム框を取り付ける方法になりました。

先ずは既存の框を、リフォーム框の厚み分掘り下げます。
機械で高さを決めて掘り下げた後、ノミで細かく削って
平らにしていきます。

ogaげんかま03.JPG

框とフロアーの段差を元の状態に合わせる為、
高い精度が求められます。
框の前面部分はリフォーム框を上からかぶせることなったので、
加工しません。

ここまでできたら、リフォーム框を採寸・カットしていきます。
「く」の字に折れた施工のため、角度を決めるのに一苦労。
きちっと納まりジョイント部分に隙間もなく、
フロアーとの段差も一定なのを確認して、いざ!接着。
複数のボンドを併用して貼り付ける方法なので、
きちんと貼っていくのも大変!
二人掛かりでなんとか収めました!!

ogaげんかま05.JPG

こんな感じです。

微妙な隙間やササクレ、表面の不具合を
ささっと補修して完成です。

お客さまも、「新品になった―!」と、喜んでくれました。

玄関框などは交換となると、
玄関のタイルを壊し、壁を壊し、床を壊しと、
結構な大事になってしまいますので、
こんな方法もあると、覚えておいてください。

                           おがわ









2017年2月20日|コメント(0)

内装ドア枠の傷

今回は、内装ドア枠の傷です。

引っ越しの際、ガリリッとなってしまったとのこと。

ogaわ2).JPG

シート貼りの枠材で、シートは切れていませんでしたが
表面の柄が削れて消えてしまい、
下地の色が出ています。
こすっていったときに、多少へこんでもいますので
溝のような傷になってます。

さて、先ずは埋めて平らに。
周りの色を削らないように注意して、
パテ盛りと研磨を繰り返して平らにします。

平らになったら着色です。
濃い目の色なので、割と着色しやすいですが
塗りすぎに注意!
黒い跡が出てしまわないように注意しながら
周りの色に合わせて着色していきます。

着色が終わったら艶を合わせて出来上がり。

ogaわ5).JPG

こんな感じです。

最初の傷のひどさを考えると、かなり目立たなくなりました。

今回は補修で直りましたが、もっとひどい傷の場合は
シートを貼替えるという方法もあります。

                             おがわ





2017年2月 7日|コメント(0)

1

▲ページの先頭へ