ホーム»ブログ

ブログ

浴槽底面の割れ

今回は、浴槽の底面の割れ補修です。

ogaガラス01.JPG

バキッとすごい音がしたと思ったら、
浴槽の底面にヒビが・・・とのこと。

年数が経ってくると時々起ります。

交換する予算が無く、
なんとかお金を貯める為の数年間だけでも
使えるようにならないものか・・・
というお客様のご希望により、
補修による補強処理を行うことになりました。

浴槽の裏側からの補強ができないため、
表側からのみの補強になります。

先ずは、傷周辺の下地処理を行い、
ガラスマット + 生樹脂で絆創膏のように
ヒビ周辺を補強します。

ogaガラス02.JPG

完全に硬化したら、表面を研磨しなるべく滑らかにします。
座ってもお尻が痛くならないよう、
しっかりと手で確認しながらの作業です。

滑らかになったら、コーティングの塗装をかけます。
塗料が乾いたら、表面をさらに研磨して滑らかにします。

ogaガラス03.JPG

こんな感じです。

生樹脂、塗料共に硬化時間が必要なため
2日間作業になってしまいましたが、
これで、ややしばらくはお使い頂けると思います。

交換するには高価な物なので、
なかなかすぐにはできないことが多いと思います。
時間稼ぎ程度かもしれませんが、
お役にたてれば幸いです。

因みに15~20年程度で色々な症状が出てきます。
御使用頻度や設置状況、水の性質等にもよりますが、
少々気を付けてお使いください。

                             おがわ







2017年6月10日|コメント(0)

1

▲ページの先頭へ