ホーム»ブログ

ブログ

浴槽底面の割れ

今回は、浴槽の底面の割れ補修です。

ogaガラス01.JPG

バキッとすごい音がしたと思ったら、
浴槽の底面にヒビが・・・とのこと。

年数が経ってくると時々起ります。

交換する予算が無く、
なんとかお金を貯める為の数年間だけでも
使えるようにならないものか・・・
というお客様のご希望により、
補修による補強処理を行うことになりました。

浴槽の裏側からの補強ができないため、
表側からのみの補強になります。

先ずは、傷周辺の下地処理を行い、
ガラスマット + 生樹脂で絆創膏のように
ヒビ周辺を補強します。

ogaガラス02.JPG

完全に硬化したら、表面を研磨しなるべく滑らかにします。
座ってもお尻が痛くならないよう、
しっかりと手で確認しながらの作業です。

滑らかになったら、コーティングの塗装をかけます。
塗料が乾いたら、表面をさらに研磨して滑らかにします。

ogaガラス03.JPG

こんな感じです。

生樹脂、塗料共に硬化時間が必要なため
2日間作業になってしまいましたが、
これで、ややしばらくはお使い頂けると思います。

交換するには高価な物なので、
なかなかすぐにはできないことが多いと思います。
時間稼ぎ程度かもしれませんが、
お役にたてれば幸いです。

因みに15~20年程度で色々な症状が出てきます。
御使用頻度や設置状況、水の性質等にもよりますが、
少々気を付けてお使いください。

                             おがわ







2017年6月10日|コメント(0)

ステンレスキッチンの天板の傷

今回は、ステンレス製のキッチンの天板の傷です。

ogaステンクリア01).JPG

何かがこすれて黒く傷ついています。
とはいえ、さすがステンレス!
表面に傷が付いているだけで、
ほとんどへこんだり、えぐれたりはしてません。

ogaステンクリア03).JPG

こちらも同様。
黒い線のように傷が入っています。

さて、以前にもご紹介したように、ひたすら研磨処理になります。
んがっ!さらに! 以前まででご紹介したような
研磨跡が柄としての残るタイプ(ライフマーク付き)とは違い、
ツルツル、ピカピカの仕様・・・強敵です!!!

・・・こっ、これは・・・つらいぞ・・・

しかし、もう頑張るしかない!
手を替え品を替え、最後は耐水ペーパーで水研ぎに。
艶が上がるまでひたすら研磨!
手がプルプルしだした頃に、やっと仕上りました。

ogaステンクリア02).JPG

ogaステンクリア04).JPG

こんな感じです。

良かったー、傷が消えて。艶も大体元通り。
ん~~疲れました・・・。

                         おがわ












2016年11月 8日|コメント(0)

ステンレスの浴槽の異物除去

今回は、ステンレスの浴槽の異物除去です。

なかなかお目にかかることのない、ステンレスの浴槽です。

ogaステン風呂01).JPG

浴槽の底面部分に何か付着してます。

ogaステン風呂02).JPG

白い点々があちこちに付着していて
洗っても取れないとのこと。

今回はこれを研磨処理で取除きます。

以前にもお話ししましたが、ステンレスは研磨することができます。
研磨の仕方や、使う道具など、少々コツが必要ですが、
浅い傷や付着物、汚れ等は研磨して取除くことができます。

こちらも30~40分で研磨できました。

ogaステン風呂03).JPG

ogaステン風呂04).JPG

こんな感じです。

水アカや、カルシウムもとれてなくなりスッキリ!
底面全体に研磨をかけ、同じ艶、同じライフマークに仕上げてあります。

ステンレスも、表面にエンボス(小さな凹凸)があるもの以外は
研磨処理で何とかなります。
 
                                  おがわ










2016年10月18日|コメント(0)

キッチンユニットの側板の割れ

今回は、キッチンユニットの側板の割れです。

ん? どこ? と思われるかもしれません。

ogaき02).JPG

ここです。

キッチンのシンク下の箱の横に穴があいてしまいました。

作業しにくい~~!!

やっと手が入って、動かせるぐらいしか隙間が無いです。

穴を塞いで、平らにしてから・・・

・・・どうやって塗装しようか??

ogaき04).JPG

周りの器具をすべて養生して、斜めに穴めがけて、エイッ!!

ぬりにくいよ~。
吹いた塗料が、自分の顔に向かってとんでくるよ~!!

などと心の中で叫びながら、仕上げた結果がこれです。

ogaき06).JPG

こんな感じです。

白っぽいのは光が器具に反射して当たってるものです。

む~・・・ 手強かった!! 苦しめられました!!

                             おがわ









2016年7月28日|コメント(0)

ユニットバスの床の欠け

今回はユニットバスの床の欠けです。

ogaゆにゆか06).JPG

こちらも、退去時のものです。

ユニットバスの補修は、
使う塗料などが特殊なものを使用するので
時間がかかったり
大変な部分も多いのですが、
簡単に交換できない分、需要は多いです。

さて、欠けてしまった部分に専用のパテを盛り
乾いたら形を整えます。

形が出来上がったら、塗装です。
こちらも専用の塗料を使って塗装します。

ogaゆにゆか16).JPG

こんな感じです。

このボコボコ感を出すのがなかなか難しいです。

ともあれ、無事に終わって良かった良かったです。

                           おがわ




2016年6月 7日|コメント(0)

ユニットバスの床

先日お客様よりユニットバスの床を見て欲しいとの連絡があり・・

確認させて頂きました。

abe_2015_0427_000009.JPG



abe_2015_0427_000038.JPG

長年使用しているうちに床面が傷だらけになってしまったとの事です。

工事方法等を検討して・・今回は床面に防水のシートを上貼りさせてもらいました。

abe_2016_0427_000104.JPG



abe_2016_0427_000041.JPG

見栄えが綺麗になりお客様に喜んで頂けました。

傷の程度や商品により、様々な工事(補修)方法を
 提案させて頂ければと思いますので 些細な事でも
まずはご連絡頂きますよう宜しくお願い致します。

あべ




2016年5月28日|コメント(0)

ユニットバスの傷

今回は、ユニットバスの傷です。

ogaUBき01).JPG

浴槽の角部分。

黒い筋状のものが・・・

ogaUBき02).JPG

傷に汚れが入ったものでした。

割れているのかとびっくりしましたが、
とりあえず、大事に至らず良かった良かったです。

さて、先ずは深い傷の汚れを取り除き、
傷を埋めながら研磨処理をし、なだらかに。
最後に塗装をかけて完成です。

ogaUBき03).JPG

こんな感じです。
きれいになりました。

お風呂は直接肌が当たるので、小さな傷でも気になるもの。

また今回のように、放っておくと汚れなどが入って固着し、
黒く汚く見えます。

早目のお掃除と、早目の修理を!

                            おがわ




2016年5月 8日|コメント(0)

ユニットバスの割れ

今回は、ユニットバスのエプロン部分の割れです。

ogaえぷ01).JPG

写真のテープのところです。

ogaえぷ02).JPG

バキッといってます。

こちらもマンションの退去時のものです。

ユニットバスなどは剛性を備えた樹脂で丈夫そうに見えますが、
厚みは1.5mm~2mm位のものなので、
ガンッという衝撃には、あまり強くありません。
物をぶつけたり、膝を当ててよりかかったりすると
パキッといってしまいます。
皆さん気を付けましょう!

さて、こちらは幸い段差もあまりなく、欠損してもいないので
きれいに直りそうです。

裏面からガラスマットで補強処理を施し、
表面は、樹脂で埋めて平滑にします。
最後に塗装をかけて・・・

ogaえぷ03).JPG

こんな感じです。

交換も大変で非常によく使うユニットバス。
いたわりながら使っていきましょう!!

                            おがわ






2016年4月17日|コメント(0)

キッチンのステンレス天板の傷

今回は、キッチンのステンレス天板の傷です。

ogaステン001.JPG

角の丸みを帯びた部分に、引っかき傷が付いてしまいました。
この傷を研磨処理で直していきます。

ステンレスの場合、直せる条件が限られており
表面にエンボス調 (小さいデコボコ) の細工がしてあったり、
表面に特殊なコーティングがあるもの、
表面にライフマーク (上の写真のような細かな線状の縞) が
ないものは残念ながら直せません。
また、あまり深い傷は難しいです。

ライフマークが有り、平らなもので、浅い傷に限って
研磨処理で直すことができます。

研磨処理には、数種類のサンドペーパー等を使い
ゆっくりと研磨を重ねていく、時間のかかる作業になりますが、
かなりきれいに直ります。

ogaステン002.JPG

こんな感じです。

上記の条件をクリアしていれば、研磨処理で
もらいサビやスリ傷、汚れやコゲのこびり付きもきれいになります。
先ずは、キッチンの取扱説明書等を確認してみましょう。



さて、今年もあとわずかになりました。

今年も色々な修理方法をご紹介させて頂いたり、
結果をご報告させて頂きました。

少しはお役に立ったでしょうか?

来年も色々な補修をしていくと思います。
また、ご紹介できるものが有りましたら、
ブログでご報告させて頂きたいと思います。

では、皆様良いお年をお迎えくださいませ!

                             おがわ





2015年12月26日|コメント(0)

ユニットバスの壁パネルのへこみ

今回は、ユニットバスの壁パネルのへこみです。

oga壁P001.JPG

入口のすぐ横のパネルに、ゴチッ!

oga壁P002.JPG

ベコッ!といってます。

この傷は塗装処理で直します。
へこんでる部分をパテ埋めして平らにし、
同じ色のお風呂用塗料を塗ります。

oga壁P003.JPG

塗装中です。

もうほとんどわかりません。

oga壁P004.JPG

完成はこんな感じです。

なかなか交換しにくいユニットバスの部材なので
きれいに直ってよかったです。

                            おがわ






2015年4月18日|コメント(0)

1  2  3

▲ページの先頭へ