ホーム»ブログ

ブログ

フロアーの単板剝れ

今回は、フロアーのジョイント部分から
表面の単板がはがれてしまった現場です。

ogaたん2).JPG

年数が経ってくると、フロアーの表面が
はがれてくることが有ります。
小さいうちはまだ良いのですが、
ふとしたきっかけでベロッとはがれてしまうことも。

こちらの現場も、はがれ出して怖くなり、
上からテープを貼ってしのいでいたとのこと。

さて、先ずは液体ボンドを染み込ませ、
浮いている部分を接着していきます。
くっついたら、欠けてなくなっている部分を盛り
膨らんでしまった部分を削って平らにします。

最後に着色をして目立たなく。

ogaたん3).JPG

こんな感じです。

早目の処置がお勧めです!
早ければ早い程、きれいになります。

                             おがわ







2017年5月29日|コメント(0)

フロアーのジョイント部分のシミ

今回は、フロアーのジョイント部分のシミ補修です。

ogaしみk1).JPG

ベランダ沿いの床の上に、新聞紙を引いて
冬期間の間だけ植木等を置いていたところ
水がしみてしまいフロアーのジョイント部分にシミが
できてしまいました。
表面の劣化が無いのが幸いで、
貼替えするにも同じフロアーが手に入らないため、
黒い部分を着色して目立たなくすることになりました。

なるべく元のフロアーの色に近い色を作り
少しずつ塗って黒い部分を消していきます。

ogaしみk2).JPG

こんな感じです。

目立たなくなりました。

着色するだけでも意外ときれいになりますよ。

                            おがわ



2017年5月12日|コメント(0)

フローリングのピース貼替え

今回は、フローリングのピース貼替えです。

ogaぴ01.JPG

フローリングの上に、強い薬品をこぼしてしまい
気付かずにいたところ、フローリングの表面が変色してしまいました。

表面の劣化がひく、大き目の範囲だったので、
ピース貼替えをすることになりました。

幸い同じフローリングもあったので、
下準備をして、打合せの上後日訪問。

先ずは、表面を機械で削り取ります。
塵・埃の出る作業なので、ビニールで周りに養生を施し
掃除機で吸引しながらの作業です。

ogaぴ02.JPG

あらかたを機械で削り取ったら、
ノミを入れて細かい部分を仕上げます。
きれいに取り終わると上の写真のようになります。

最後に準備してきた新しいフローリングの板材を
調整しながら削り取った部分にはめ込んで
強力な接着剤でビタッとくっつけて完成です。

ogaぴ03.JPG

こんな感じです。

同じ材料があると、色々な対応方法が取れます。
最近は建材メーカーさんも商品の入れ替わりが激しく
2年ほどで廃番なんてことも・・・

これから新築される方は、建築業者さんに頼んで
フロアーやフローリングを1ケース程、保存しておけるようにすると
何かあった時に困らなくなります。

                               おがわ









2017年4月23日|コメント(0)

フロアー配管穴

今回は、フロアーの配管穴の補修です。

oga011).JPG

ウォークインクローゼット内の暖房機の仕様変更に伴い、
配管の立ち上げ位置が変わってしまい、
穴だけが残ってしまいました。

この穴を補修します。

先ずは、ワインのコルクの栓のような形状のものを
現場の穴の大きさに合わせて作ります。

この栓を、接着剤を付けて打ち込み穴を塞ぎます。

下地ができたら、表面をパテ処理し、仕上げていきます。

oga012).JPG

こんな感じです。

本来なら床材を貼替えなければならないところですが、
目立たない箇所の場合は、最小限の負担ですむ方法です。

                             おがわ






2017年3月28日|コメント(0)

フロアーの傷

今回は、フロアーの傷です。

ogaふ04).JPG

不思議ときれいな傷です。

へこんでいるのですが、割れるでも、ささくれるでもなく
きれいに穴ができています。

きれいな傷の場合、直してもきれいに直ることが多いです。
この傷もそんな予感が・・・

先ずは穴埋めをし、平らになったら着色。
案の定、きれいに埋まって、最小限の研磨で平らに・・・
・・・なので着色も最低限!

ogaふ05).JPG

こんな感じです。 やっぱり!!

かなりきれいに直りました。

う~ん、やっぱりきれいに直るなー。

                          おがわ






2017年1月30日|コメント(0)

フロアーの配管穴

今回はフロアーの配管穴補修です。

oga配01).JPG

暖房機取り付け位置に変更が出てしまい
残された配管の穴・・・

フロアー材を貼替えるのもなかなか大変なので
穴の部分補修になりました。

下地は設備屋さんが有る程度埋めておいてくれたので、
このまま固めて平らにしていきます。
平らになったら、着色です。
大き目の穴なので着色も大変でしたが・・・

oga配02).JPG

こんな感じです。

必要のなくなった配管穴や金具を取り外した時のビス穴など、
色々直せます。

                             おがわ





2016年12月19日|コメント(0)

フロアーの染み

先日お客様から連絡があり
フロアーに染みがあるとの事で確認しに行ってきました。

abe_2016_0824_6602.JPG

お客様と補修方法等の打合せをして・・

今回は同じフロアーが在庫であるとの事でしたので
貼替え工事をする事になりました。

abe_2016_0824_6601.JPG

青いテープの箇所を横にある在庫のフロアーを使用し貼替えしました。

abe_2016_0824_6605.JPG

新しいフロアーに貼替えて綺麗になりました。

お客様に喜んで頂けて良かったです。
「また何かあれば、連絡しますのでお願いします」
と嬉しいお言葉も頂きました。

あべ


2016年9月28日|コメント(0)

フロアーの単板はがれ

今回は、フロアーの表面単板はがれです。

ogaはがれ02).JPG

年数が経ってくるとフロアーなどは
表面の単板(化粧用の木目の薄い突き板)が
はがれてしまうことがあります。

はがれかけて浮いてきたところに、靴下が引っかかったり、
掃除機で引っかけてしまったり、等ではがれてしまいます。

はがれかけに気付かずに放置しておくと、
何かの拍子にベロベロ―っと大きくはがれてしまうことも!

そんなことになるまえに、直してしまいましょう!

液体の接着剤で周りの単板の浮きを抑えてから
はがれてなくなってしまった部分を直していきます。

ogaはがれ03).JPG

こんな感じです。

早目に処置をしておけば、大きな工事をしなくても済みます。

なるべく早めに直しましょう。

                           おがわ







2016年9月27日|コメント(0)

フロアーのへこみ傷

今回は、フロアーのへこみ傷です。

ogaゆf1.JPG

ゴンッ! となってます。

最近のフロアーは、木単板のものもシートのものも、
非常に表面の仕上がりがきれいで、
小さな傷や汚れなどが妙に目立ちます。

気になる傷は、早目に直してしまいましょう!

この位の傷でしたら1時間もあったら直ります。

ogaゆf2.JPG

こんな感じです。


さて、長かった暑さも去り、なんとな~く秋になってきました。

まだ紅葉はあまり進んでいませんが、
風は「秋だぞー」と知らせてくれているようです。

そろそろ冬の準備を始めようかといった季節です。
外回りの点検もお忘れなく!

                           おがわ









2016年9月19日|コメント(0)

フロアーの引きずり傷

今回は、フロアーの引きずり傷です。

引きずり傷って? と、思われる方もおられるかもしれません。

ogaひ01.JPG

こんなヤツです。

よくあるパターンは、冷蔵庫を引きずって・・・
タンスを引きずって・・・ 等です。
重たい物を引きずって動かしたためにできてしまった
なが~いへこみ傷のことです。

さて今回は、まだ短めです。
引っ越しの際などは10mなどということも・・・

まずは、ワックスを取り除き、へこみをパテ埋めして
色と艶を戻します。
最後にワックスを新しく塗って出来上がり!

ogaひ02.JPG

こんな感じです。

長さによってはお時間がかかりますが、
結構わからなくなります。

                        おがわ




2016年9月 8日|コメント(0)

1  2  3  4  5  6  7

▲ページの先頭へ